IR情報 セグメント情報

セグメント情報

売上高構成比

売上高構成比

経常利益構成比

経常利益構成比
※増減・端数調整の関係により数値が一致しない場合があります。

商社流通セグメント

アルコニックスのルーツである商社機能を発揮し事業創出と市場開拓

電子機能材事業

取組み

  • レアメタルを含む電子・機能材分野の強化と環境関連ビジネスへの展開
  • レアアース等レアメタルの資源確保のための投融資

日本企業が世界をリードする電子材料・部品分野において、特に、次世代自動車や移動通信システム(5G)の普及、及び更なるAIやIoTの深化に不可欠の電子部品、化合物半導体、結晶材料、またこれら材料の生産に使用されるレアメタル(チタン、タングステン、モリブデン、レアアース等)を取扱っております。成長著しいこの分野をターゲットに、原料の輸入及び国内販売、並びに材料・製品の輸出取引を行っています。またこれら材料を使用した環境対応製品も視野に入れて、グローバルな事業展開を推進しています。

アルミ銅事業

取組み

  • 自動車・航空機の軽量化に向けたアルミ製品の拡大、伸銅品の海外取引推進
  • 需要高まるアルミ・銅スクラップのリサイクル事業の展開

自動車、家電、航空機産業向けのアルミニウム圧延品、空調機器、電子材料並びに半導体に使用される伸銅品、建設産業資材向けの配管機材等の「製品」と、アルミ再生塊、銅・アルミスクラップ並びに金属珪素等の「原料」を手掛けています。「製品」においては国内販売の他、輸出・輸入・三国間取引といったグローバルな事業展開を進めており、また「原料」においては国内販売、輸出・輸入取引に加え、国内に専用スクラップヤードを擁するグループ会社との連携によるリサイクル事業を展開しています。

製造セグメント

アルコニックスの「総合企業」化への新たな取組み。高い技術力と競争力

装置材料事業

取組み

  • UNIVERTICALの米国・中国両拠点におけるめっき需要取込のための設備増強
  • 製造業へのM&Aと当社グループとのシナジー
  • 富士カーボン、東北化工のPMI

「材料分野」では、米国・中国の両拠点においてめっき材料を製造しております。また国内では自動車部品製造用金型補修材料、ブレーキ摩擦材向けカシュー応用製品、モーター用カーボンブラシを製造しております。一方、「装置」分野では非破壊検査装置、マーキング装置並びにそれぞれで使用する消耗品の製造を行っています。ニッチでありながら高い市場シェアを強みに独自製品・技術を提供するアルコニックスグループの新たな事業分野であり、「総合企業」化への一翼を担っています。

金属加工事業

取組み

  • 大羽精研の新たな設備増強と、次世代自動車関連部品への新規事業展開
  • 製造業へのM&Aと当社グループとのシナジー
  • 富士プレスのメキシコ事業再構築と設備拡充

大型でかつ高精度な加工技術が求められる航空機・半導体製造装置業界向けに対応した精密切削加工部品、半導体実装装置用ノズル部品といった超微細加工や精密研削加工部品、及び自動車のパワートレイン用精密プレス加工部品の製造を行っており、それぞれの分野にて特化した技術力を生かして最終需要先へ製品を提供しています。この他、当社グループの持分法適用関連会社が手掛ける自動車部品、建築材料並びに金属加工部品の製造販売が当セグメントの収益に貢献しています。

事業系統図(2019年9月30日現在)

事業系統図(2019年9月30日現在)
(注)
  1. ◎は連結子会社、★は持分法適用関連会社であります。
  2. 当社の連結子会社であるUNIVERTICAL HOLDINGS INC.の連結子会社4社を当社グループの連結子会社としております。
  3. マークテック株式会社の連結子会社5社、株式会社富士プレスの連結子会社1社、東北化工株式会社の連結子会社1社を当社グループの連結子会社としております。
  4. 東北化工株式会社は2018年12月25日、当社の中間持株会社として設立したアルコニックス・東北化工株式会社が同社発行済株式全てを取得し連結子会社化いたしました。
  5. 株式会社富士カーボン製造所は2019年2月4日、当社の中間持株会社として設立した富士カーボン製造所株式会社が同社発行済株式全てを取得し連結子会社化いたしました。
    なお、富士カーボン製造所株式会社は2019年1月18日に設立、連結子会社化いたしました。
PAGE TOP