IR情報 ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

情報開示の基本方針

当社は、公開会社として当社グループの重要情報を適切に管理し、公平、均等、正確でかつ迅速な情報開示を行い、投資家をはじめとするあらゆるステークホルダーからの信頼の維持・向上に努めます。

情報開示の基準

当社は、東京証券取引所が定める適時開示規則(以下「適時開示規則」)に従いディスクロージャーを行っております。
投資判断に影響を与える決定事項、発生事実、決算に関する情報が発生した場合、または既に開示した重要な会社情報の内容について重大な変更、中止等が行われた場合は、すみやかに適時開示を行います。また、当社は適時開示規則に該当しない会社情報であっても、投資家をはじめとする資本市場への参加者に対して公平な情報開示を行っていく方針であります。

情報開示の方法

東京証券取引所が定める適時開示規則に該当する重要情報の開示は、同規則に従い同取引所が提供するTD-netにて公開します。開示した会社情報は、当社のホームページにも公開後すみやかに掲載します。
また、適時開示規則に該当しない情報を開示する場合であっても、本来の趣旨を踏まえて適切な方法により、当該情報ができるだけ正確かつ公平に伝達されるように配慮を行います。

沈黙期間

当社は、株価に影響のある重要な会社情報の漏洩を防ぐため、原則的に決算(四半期決算を含む)期末の翌日から決算発表時までを沈黙期間とし、この期間は決算に関する回答及びコメントを差し控えております。
一方、沈黙期間中に開示しました情報(業績予想の修正等)に関する問合せにつきましては、この限りではありません。なお、沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合、開示規則に従い、適宜情報開示を行います。

業績予想の取扱いについて

当社の開示資料のうち、現在の計画、見通し、戦略等に関する事項は、現時点で入手可能な情報から得られた、当社の経営者の判断に基づいております。従って、実際の業績はさまざまな重要な要素により、これらの業績見通しと大きく異なる結果となることがあるため、全面的に依拠することはお控えください。
また開示資料は、あくまで当社をより深く理解していただくためのものであり、必ずしも投資をお勧めするためのものではありません。

PAGE TOP